2台目もwimaxで通信回線の一本化

スマートフォンとパソコンを所有している方も、多いはずです。

しかし、それぞれの通信回線は別々になっていませんか?この場合、高速モバイル通信であるwimaxを使って、通信回線を一本化する事をオススメします。

一本化を行うと、毎月の支払額の節約にも繋がります。

スマートフォンを快適に使う為に、wimaxに加入するというユーザーは多いようです。

3G回線とは異なり、通信制限がないので、大量のデータのやり取りも快適に行えます。

また、下り最大40Mbpsというスピードは、3G回線にはないものです。

こうしたスピードに惹かれて、加入するユーザーも多いのではないでしょうか。

しかし、このスピードをスマートフォンだけのものにするのは勿体無いでしょう。

そこで、自宅で使うパソコンや、持ち運ぶノートパソコンやタブレット端末も、2台目としてwimaxに接続しましょう。

2台目の接続を行っても、スピードが落ちる事はありません。

その為、サクサクと快適なインターネット環境を整える事ができます。

また、Wi-Fiホームルーターを利用すれば、自宅でのインターネット環境を一本化する事ができます。

Wi-FiホームルーターであるAtermWM3450RNは、何と最大12台の機器の接続が可能です。

しかも、有線LANポートも搭載されているので、固定回線のように活用できる利点もあります。

この、2台目以降も簡単に接続できるWi-Fiホームルーターが、お得に購入できるのが@niftyです。

何と@niftyでは、Flat年間パスポートと呼ばれる料金プランに加入すると、AtermWM3450RNが1円で購入する事ができます。

その為、自宅で複数台の機器のインターネット接続を考えているユーザーには、@niftyをオススメします。

ちなみに、BIGLOBEやSo-netでもAtermWM3450RNは、お得に購入する事ができるので、比較検討してみて下さい。

中には、1台目も2台目もパソコンで、wimaxを活用したいというユーザーもいるはずです。

そんな方には、オートインストールに対応した、WMX2-U03がオススメです。

WMX2-U03はUSB型接続データーカードなので、USBに接続するだけで使う事ができ、電源も不要です。

しかし、WMX2-U03を取扱っているのは、@niftyだけとなります。

その為、wimaxで複数台のパソコンの接続を行う場合、@niftyでの契約がオススメです。